ソーラーブリック/ソーラーラインとは

ソーラーブリック/ソーラーラインとは
  • 電池交換不要

    太陽光の日射エネルギーを利用した商品のため、電池交換/バッテリー交換がいりません。

  • スイッチのON・OFF操作不要

    夜間周囲が暗くなると自動点灯するので、スイッチのON・OFF操作がいりません。タイマー設定も不要です。

  • ランニングコストが発生しません

    バッテリー交換、電球交換もなくメンテナンスフリー。
    電気代もかからず、普段の清掃程度だけで維持費0円!

  • 玄関先のアプローチの演出に最適

    暗い路面に目にもあざやかなLEDによる演出が可能です。
    玄関先の常夜灯としても活躍します。

  • 長寿命

    10年以上の長期間に渡って使用可能です。

  • 配線工事なし。いつでも設置可能。

    新築時だけでなく、気軽にいつでも追加設置工事が可能です。

設置場所や好みに合わせられる豊富なバリエーション

設置場所や好みに合わせられる豊富なバリエーション

設置事例

注意点

  • ・ソーラーブリックは直射日光のあたる場所で使われることを想定しています。常時建物の影になる場所、ピロティ、建物内部などには適していません。設置場所は予め十分にご検討ください。
  • ・ソーラーブリックは高耐荷重性能を有していますが、駐車場などへの設置により、タイヤの溝に挟まった石、ソーラーブリック直上でのハンドル操作、ブレーキ摩擦などにより、ソーラーブリックへの破損を生じる恐れがあります。
  • ・ソーラーブリックは周囲が夜間でも明るい場所(約200ルクス以上)では点灯しないことがあります。街灯、庭園灯、その他外部照明との位置関係を十分に配慮してご計画ください。
  • ・ソーラーブリックを直接土間コン打設時に埋設しないでください。コンクリートの硬化時に変形圧力がかかり、破損の原因となります。必ず箱抜きをして、その空間部分に設置してください。
  • ・ソーラーブリックの周囲には必ず目地を設けて下さい。隣接する素材の膨張収縮率の違いから、夏季、冬季の伸び縮みにより、床仕 上げ材へのクラック発生、あるいはソーラーブリックの破損の恐れがあります。
  • ・夕刻の点灯時、朝方の消灯時において、一定時間点滅を繰り返すことがあります。これは周囲の明るさを検知して作動する商品の特性上、切り替え時(約200ルクス)に起こり得る現象ですが、故障ではありません。
  • ・工場出荷時は充電が空の状態です。設置直後は点灯が安定しません。満充電には晴天で3日ほどかかります。
  • ・高輝度LEDは製造時に選定作業をしておりますが、個体別に微妙な色調のバラツキが生じる恐れがありますが、LEDの特性としてご理解ください。
  • ・ソーラーブリックは1つひとつが独立しており、個体差があります。複数個を同じ場所に設置した場合でも、点灯・消灯は完全には同期化しませんので、予めご了解ください。
  • 365日点灯保証されるものではありません。冬季の日射不足や悪天候が続くなど、十分な日射が得られず、充電が切れた場合には 夜間でも点灯しません。晴天時に再度充電されることで点灯するようになります。一度充電が切れた場合、満充電になるには晴天で 3日ほどかかります。
  • ・設置後は、一般的な清掃等以外、特別なメンテナンス作業などは発生しません。
  • ・透明養生フィルムは設置後、必ず剥がしてご利用ください。
ページトップへ